ログイン
HOME  » 会社案内 » 代表者挨拶

ごあいさつ

平素は、創造工舎をご利用頂きまして、また、弊社スタッフに多大なるご声援頂きまして
誠にありがとうございます。

さて、弊社は、おかげ様をもちまして1993年に会社設立し、24周年(創業90年)を迎えることができました。
そして2012年にリプラとフランによる二大体制をスタートさせました。
この体制は、性能を向上させるリフォームを目指し歩んできた、この長年の成果を結集し
お客様にさらに良いサービスを提供させていただくためのかたちです。

リプラは、”ファストリフォーム”として、メンテナンス及び部分リフォームを主に、
フランは、”暮らしのデザイン”として、暮らしを向上させる性能+デザインを重視した
リフォームを主に行います。

創業当初から大切にしてきた、「メンテナンス」及び「アフターフォロー」の体制を充実させ
地域密着型の会社として迅速な対応で「安心」をご提供していくとともに
コンテスト入賞実績などの経験を生かし、奈良県から全国に通用するデザインを発信する会社として
また、見えない部分の住宅性能、耐震性、断熱性(省エネ性)などの「性能」を向上させる
リフォームを行う会社として、暮らしに関わるお客様のご期待にお応えしていきたいと思います。
新しい体制になることでお客様にご迷惑、ご不便おかけすることもあるかと存じます。
そういう時にはどうぞ、忌憚ないご意見、お叱りをよろしくお願いいたします。
これからの成長を長い目で見守っていただければ幸いでございます。

地域の中で、地域の発展に貢献できるリフォーム会社として
これからも様々な挑戦を行っていきたいと思います。小さな企業ではありますが
モノづくりに取組む気持ちは他社には負けません。 そして、地域を元気にできるように
まず、弊社が元気に、皆様により喜んで頂けるサービスを
これからもずっと提供できるようにがんばっていきます。
ただし、闇雲に挑戦するのではなく
「仕事は堅実に。一過性のものではなく、長く提供できるコツコツとしたサービスを大切に」
というが私のモットーです。不易流行の考えを基に進んでまいります。

経営者としては、まだまだで、これからもずっと、修行中の身でありますが
どうか、これからも弊社および弊社スタッフを応援頂ますようよろしくお願いいたします。
本年もよろしくお願いいたします。
創造工舎とは
なにか


 
 

代表取締役

阪本 兼行

まれ育った町

橿原市の今井町は戦国時代、称念寺の寺内町として発達したのが起こりで、『重要伝統的建造物群保存地区』に選定されました。現在、この地区に選定されたのは奈良県ではたったの3ヵ所です。阪本さんは江戸時代の面影を残すこの今井町で生まれ育ちました。

「私が子供の頃は今井町で燃料を販売していました。小学生の頃、祖父に連れられ店の手伝いをしたことを覚えています。中学生になると今度は父に連れられて現場の手伝い。よく使われていました。エアコンの取り付け工事を手伝って、お客様に喜んでいただける経験もしました。物作りが好きという気持ちが芽生えたのはその頃からでしょうね。そうやって、幼い頃から見てきたので、自分の中に入りやすかったのだと思います」

高校生になり、配達の手伝いをするため運転免許を取得した阪本さん。今井町を中心に配達に走り、周辺の道で知らないところはないそうです。大学では電気工学を学び、大阪で就職。

「その頃、家業を継ぐ気はなくて。ずっとこの町にいたので、一度ここから出たいというのもありました。まだ若かったので社会を知っておきたいというのもあって。それから諸事情あって、結局ここに戻ってきます」

まいに適した最高のものを

平成5年、『阪本燃料電気店』から『創造工舎』へ社名が変更されました。変更の理由を阪本さんはこう説明します。

「リフォーム工事を本格的に始動させて行く転機の社名変更で、あえて『阪本』の名前は入れないでおこうと思いました。会社は個人ではなく、みんなで作っていくものです。入ってくるスタッフたちを育てれば、会社も大きく成長するはずです」


今の形にとらわれず、自由な発想で物作りを行う会社。そうした理念を取り込んで『創造工舎』と名を改めた会社を育てなくては。決意した阪本さんが取り組んだのは、当時それほど普及していなかったデザインを追求すること。

「デザインを含めたコーディネートを作っていこう。物作りにこだわっているからこそ必ずできると思いました。もちろん、忘れてならないのは『お客様に喜ばれる』ことです。あくまでお客様の住まいに適した最高のものを作ってほしい。共感して、安心していただくことが肝です」

設計のスタッフはそんな社長の思いに応え、暮らしのデザインを次々に打ち出しました。結果、リモデルスマイル作品コンテストで最優秀賞など数々の賞を例年獲得。全国に『創造工舎』の名を知らしめる快挙を成し遂げたのです。

域の貢献こそ本分

本当に必要なものを追求する。物作りをしているからこだわりたい。創造工舎がその思いを果たすことができるのは、設計、営業、現場の3つの部門が連携し強固なつながりを持っているからです。

「私の家は家業で忙しかったこともあり、一家団欒とは言えない状態でした。ですから自分自身、住まいでくつろぐことに対して憧れをもってリフォームに取り組んでいます。家族が集まる場所にこそ、幸福があるのだと。また、住まいにメンテナンスはつきもの。給湯器の故障などちょっとしたことでも頼れるところがあれば安心です。私たちがこの地域で一番になることで、『頼めるところがうちにはある』と思っていただければ幸いです」

今井町で生まれて育って暮らしたことで、この地域に育ててもらったという感覚があるという阪本さん。地域に根差し発展していくことで貢献できれば、と熱く語りました。
 

Profile

 

代表取締役
阪本 兼行


 社内ではこんなキャラクター

創造工舎は社長の理念に賛同して入社したスタッフがほとんど。
目標をはっきり出しているリーダーなので、私たちも付いていきやすいと感じています。

 メッセージ

お客様に喜んでいただいた時に感じたうれしい気持ちが私の原動力。
建築業界そのものに若い成り手が不足している現在ですが、これからもサービス向上に励み、若い人たちを育てるステージ作りができればと願っています。
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有