ログイン
HOME  » 省エネ・断熱リフォーム

日ごろ、こんなことお悩みではありませんか

夏暑くて、冬寒い!

多くの人が感じているこの悩み、でも皆さん我慢で乗り切っていませんか。

原因は、「窓の断熱性」にあります。

     冬に流出する熱の割合            夏に流入する熱の割合


日本の家の窓は、大部分が現在の断熱基準に達していない低断熱の窓ばかり。
暑くて、寒いのも無理はないのです。
でも古い家だからしかたないよね……とあきらめていませんか?

国によって新築住宅の2020年の省エネ基準適合義務化が進められるなど、住宅の省エネが促進されています。
既存の住宅も、断熱リフォームによって、夏や冬でも過ごしやすく、冷暖房効率の良い住まいに生まれ変わります。

断熱リフォームをすることで、夏の暑さや冬の寒さが室内に伝わりにくくなり、過ごしやすい住まいになります。

断熱とは

断熱とは、屋根や壁、床から外気の影響を受けて伝わる熱の量を小さくすることをいいます。省エネや居住性に対する意識の高まりや技術の進歩によって、最近では断熱性能に配慮した住まいが増えていますが、築年数の経過した住宅では、断熱が不十分なことが多く見られます。

断熱リフォームをすることで、夏の暑さや冬の寒さが室内に伝わりにくくなり、過ごしやすい住まいになります。冬場のヒートショックは、リビングなどの居室と洗面脱衣室の温度差などによって起こりますが、断熱施工によって、暖房の入っている部屋と入っていない部屋の温度差を緩和することができます。家全体の温度差を軽減させることは、健康を守ることにもつながるのです。

また、断熱リフォームには費用がかかりますが、冷暖房効率が上がるため、光熱費を削減できることもメリットです。断熱リフォームによって快適で省エネな暮らしが実現できます。

住宅の断熱リフォーム

窓の断熱リフォーム

比較的手軽にできる断熱リフォームとして、内窓の設置が挙げられます。内窓を設置すると、サッシとサッシの間に空気層ができるため、断熱効果があります。
既存のサッシのガラスを単層ガラスから空気層のあるペアガラスに変えるよりも、内窓を設置する方が断熱効果は高いとされています。内窓を設置して二重窓にすることで、外気と内気の温度差が軽減されて結露対策にもなるほか、防音効果が上がることもメリットです。 

 
ガラスの交換
内窓設置
外窓交換

床下の断熱リフォーム

冬の寒い家、冷たい床は、床下断熱リフォームで改善しましょう。「床が冷たくて足腰が冷える」「廊下が寒くてしょうがない」「暖房をつけても部屋全体が温まらない」これらの悩みを我慢して住み続ければ、心筋梗塞などの発症リスクが高まってしまいます。
床下断熱リフォームをすれば暖房の効率が上がり、床の温度を約8℃上昇させることができます。これにより、床の冷たさを感じることがなくなります。また、上下の温度差が小さくなることで血圧の上昇を防ぎ、脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患の発症リスクを抑えることができます。

外壁の断熱リフォーム

壁の断熱には、室内側から断熱をする内断熱と外壁側から断熱施工をする外断熱があります。外断熱のほうが、断熱効果が高く、内部結露といわれる壁内の結露も起こりにくいですが、内断熱に比べて費用を要します。

内断熱は、床と同様に、従来は壁紙や下地を剥がして断熱材を入れる方法が中心でした。最近では、既存の壁の室内側にそのまま断熱パネルを張ることで、工事期間を短縮して、住みながら断熱リフォームをする方法も広まっています。 

外断熱では外張り断熱といわれる、既存の外壁の上から断熱材が裏打ちされたサイディングパネルを張っていく工法が主流となっています。ただし、隣戸との距離によっては、足場を立てる場所の問題が生じることが難点です。外断熱では、気密性の高さからカビが壁内に発生することを避けるため、空気の通り道を確保した通気工法が取られることが一般的になってきました。

快適で健康的な生活を送るためにも

快適で健康的な生活を送るためには、家の「断熱」が欠かせませんが、ただ高性能な断熱材を使うだけでは十分ではありません。 
断熱材がしっかりと隙間なく連続して家全体をくるんでいなければ、せっかくの断熱材も全ての力を発揮できません。 断熱材が行き届いていない部分があれば、そこから熱が行き来してしまい、暖房をしていても家の中で寒い思いをしなければなりません。 「断熱材を隙間なく連続させること」はとても重要です。つまり、建物の「気密性」を高めることはとても重要です。

また「計画換気」も重要です。 
壁体内の結露防止のためには、換気が欠かせません。しっかりと換気をすることで、たくさんの湿気が壁の中に入ってしまうことを防ぎ、結露を起きにくくしてくれます。 計画どおりに換気を行うためにも、「高い気密性」は欠かせません。

断熱性と気密性、そして計画換気が揃って、快適で健康的な生活を送ることができます。
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有