ログイン
HOME  » 住宅診断(housecheck)

住宅診断(housecheck)とは?

住宅診断とは、住宅に精通した住宅診断士が、第三者的な立場から
また、専門家の見地から住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期
おおよその費用などを見極め、アドバイスを行う専門業務です。

創造工舎では、リフォーム検査システムで培ったノウハウと専門の住宅検査員が診断を行います。
お客様が中古住宅の購入前や、居住中のご自宅の住宅診断を行なうことで
建物のコンディションを把握し、安心してお住まいになることができます。

診断の方法は目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を
診断するのが基本です。
住宅診断とは、いわば住宅の「健康診断」です。
診断結果において精密検査が必要な場合は、専門的な機材を使用する
詳細診断をお勧めすることもあります。

 

おもな診断内容

屋外、室内、建具、設備の各状態を目視でチェックします。

おもな診断内容
 
屋外: 基礎のヒビ割れ・白蟻の被害・沈下・換気不良、
外壁の腐朽・サビ・ヒビ割れ・シーリングの破断、
屋根のずれ・割れ・サビ・浮き・劣化、雨樋の詰まり・はずれ・ヒビ、
軒裏の腐朽・雨漏り・はがれ・たわみ、
バルコニーの手摺りのぐらつき・腐朽・サビ・割れ・床の沈みなど 
室内: 土台及び床組の腐朽・サビ・白蟻の被害・床の沈み
柱及び梁の腐朽・サビ・蟻道・割れ、
壁(室内側)の腐朽・雨漏り・目地の破断・白蟻の被害・サビ、
天井及び小屋組の腐朽・サビ・はがれ・たわみ・雨漏り・・など
建具: 玄関建具の隙間・開閉不良、
雨戸及び網戸のサビ・建付不良、
窓枠及び戸袋等の木部の劣化・雨漏り・コーキング不良、
内部建具の隙間・開閉不良・破損など
設備: 給水管、水洗器具の水もれ・赤水・パッキンの異常、
排水音・トラップの水もれ・詰まり・悪臭、
台所シンク、浴室、洗面設備、トイレなどの水もれ・割れ・腐食、
タイル等の割れ・ジョイント部の割れ・隙間、
給湯器など設備機器の水漏れ・器具の異常、換気設備の作動不良、
電気設備のスイッチの作動不良・破損、コンセントの破損 など
  ※上記の項目でも調査日に物理的な要因等で調査不可となることもあります。
※建物調査の範囲 は目視可能な範囲です。
 床下は点検口や床下収納庫などから目視可能な範囲、屋根裏も点検できる箇所から
 目視可能な範囲です。
 もちろん、建物の外周りや設備、壁・柱の傾きなども建物調査します。

建物調査の報告書

戸建て建物調査の報告書のサンプルです。

住宅診断報告書












 

診断の流れ・料金

戸建て建物調査のお申込み


①お申込みフォームからのお申込み

お申込みフォーム

 お電話でのお申込みは
   フリーダイヤル0120-099-687

     

②弊社より「受付メール」を送信

     

③お客様より弊社へ必要書類送付

     

④弊社より確認のはがき送付
                  (担当者、調査日、代金の確認をして下さい)

     

⑤担当者よりお客様へ連絡
                (最終確認のため)

     

⑥調査日に現地にて建物調査を実施
                  調査当日代金のお支払いを現金にてお願い致します。

     

⑦戸建て建物調査の報告書を送付
                  調査日から1週間程度で報告書を作成し発送致します。
                  ※耐震診断の結果については、後日説明させていただきます。

     

⑧質疑応答、アフターサービス

 

戸建て建物調査の代金

建物調査(既存住宅) 60,000円(税抜)
床下・屋根裏の詳細調査
(オプション)
+35,000円(税抜)
耐震診断(一般診断)※1
(オプション)
+25,000円(税抜)
※1.耐震診断のみの場合は、別規定の料金となります。
(詳しくはお問合せ下さい)
※エリア(交通費等)によっては追加料金が発生する場合があります。
また、延べ床面積が150㎡を超えますと追加料金が発生します。 
給+35,000円(税抜)
住宅診断はなぜ必要ですか?

住宅の劣化具合や欠陥の有無を調べておくことは
安全で安心して居住できるためには必須です。
欧米ではすでに常識となっている住宅診断は
近年になって日本でも急速に根付き始め
常識となるのは時間の問題だといわれています。

具体的にどんなことがわかりますか?

『あと何年くらい住めるのか?』『欠陥住宅ではないか調べてほしい』
このような疑問やご要望にお答えするのが住宅診断です。
ただし住宅診断の方法により、わかること・わからないこと
できること・できないことがあります。
詳しくは調査員にお問い合わせください。

電話やメールにて無料相談にのっていただけますか?

サービスご利用者は電話やメールによる相談を受けられます。

どこでも住宅診断に来ていただけますか?

地域密着をモットーとし、 ご相談の施工エリアを 奈良県内のうち

  • 橿原市
  • 大和高田市
  • 桜井市
  • 香芝市
  • 天理市
  • 磯城郡(田原本町、三宅町、川西町)
  • 北葛城郡(広陵町、上牧町、河合町、王寺町)
  • 斑鳩町
  • 葛城市
  • 高市郡(高取町、明日香村)
  • 大淀町
  • 御所市
  • 大和郡山市

と決めさせて頂いています。
(上記地域でも一部対応できない地区があります。詳しくはお問い合わせ下さい。)

報告書はいつ頃出来上がるのでしょうか?

報告書は、調査日から1週間程度後にお客様のご自宅などに郵便でお届けしております。
なお、調査日に現場にて、担当者よりご説明いたします。

調査時に私(お客様)が立会いしなくても大丈夫でしょうか?

お客様のお立会いをお願いしております。
調査内容や結果をよくご理解いただく為にも大事なことですので
お客様が立会い可能な日時に調整して頂くことをお奨めいたします。

調査の所要時間に制限があるのでしょうか?

調査時間に制限はございません。
全ての調査を終えるまで、責任をもって調査いたします。
なお、調査時間が長引いても追加料金はいただきません。

調査の所要時間はどれくらいかかるのでしょうか?

建物の状態や間取り、面積などの諸条件にもよりますが
一般的には2~3時間程度です。
床下・屋根裏の詳細調査(オプション)をご利用いただくと
さらに30分~1時間30分程度かかります。

調査時間にバラツキがあるのは、現場の状態(高さ・配管の配置・仕上げ等)による影響が
非常に大きいためです。

購入予定の中古住宅ですが、調査可能でしょうか?

可能です。中古住宅の場合、一般的に6~7割程度が居住中に調査を実施しています。
お客様が売主様へ気を遣われることも多いですが、調査員もよく理解しておりますので
売主様へも充分に気配りしながら調査を進めます。
また、調査結果等については、建物の外に出てから(売主様の前ではない場所で)
お客様へご説明いたします。

どうしても売主に気を遣うという場合には
お客様の知人の建築士として調査に伺うことも可能ですので
ご希望の方は事前にお申し出ください。

お支払方法を教えてください。

原則、調査当日、調査終了後現金にてお支払となります。

Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有