ログイン
HOME  » 耐震リフォーム

あなたの家は大丈夫…?

戸建木造住宅の約40% (※ 平成15年の住宅・土地統計調査(総務省)を基にした国土交通省推計) が
耐震不足とされています。
いつ来るかわからない地震!住宅は、大切な家族の命を守るシェルターです。





弊社は2003年より耐震診断に取り組みだしました。
当時、ご提案しても 「耐震のことなんて…。別に考えてくれなくていいよ。」と言われることが多々ありました。
それが、2005年の姉歯秀次・元1級建築士による耐震強度偽装事件から騒がれてくるようになり、 事件後建築確認審査が厳格化され、今では新築もリフォームも厳しく問われるようになりました。

弊社は、 完璧な耐震補強だけを目指すのではなく、リフォームに掛けられる費用の範囲で、最大の効果を発揮する耐震補強を提案し、命を守る住宅を目指しています。

ご提案の際は、リフォームの化粧直しと耐震性能アップを合わせてプランニングさせていただいています 。

耐震の大切なポイントは、「現状の把握と対策方法」です。

つまり、「 適切な診断と適切な対策 」が重要です。

1981年以前の建物は注意が必要です!

1981年、建築基準法の改正前の旧基準法施工の建物では耐震性能が、著しく劣ります。1981年以降の建物では、設計図通りの工事が出来ていない建物が多く、筋交いがなかったり、バランスが崩れた建物の場合、大地震には耐えられないでしょう。
 
専門スタッフが現地を詳細に調査し、耐震診断を行います。耐震診断では複雑な計算をコンピューターにより解析し精密診断を行います。その上で建物の安全性を高める耐震補強プランまでご提案させていただきます。

耐震のプロが診断いたします!

弊社では、「耐震技術認定者」が多数おります。耐震のプロとして、お客様のご要望にお応えできるノウハウと実績を持った担当者が、しっかりサポートします。
 

耐震診断をご希望されても、実際に耐震補強工事をされたお客様はごくまれです。
やはりリフォームする際に「耐震補強もお願いします」と言われることがほとんどです。
常に私たちは、技術向上を図り、検査体制・自社の施工書などにより施工品質を確保しています。
耐震について不安なことやわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。
 
【主な資格】     
一般耐震技術認定(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合
耐震診断・耐震改修技術者(一般財団法人日本建築防災協会)
奈良県木造住宅耐震診断員(奈良県知事)

創造工舎は 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合加盟しています。
036_西川賢
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有