まずは、体の”さびとり”から 

こんにちは。阪本 兼行です。
土曜日は、まわりが真っ白になりました。
雪で。
深夜から降り出してつもるのではなく、
朝から降り出して、昼までに雪が積もって真っ白。
こんな雪は久しぶり。
子供が「キャッ、キャッ」と楽しそうに遊んでいる声が聞こえてきます。
大人は、寒くてつらい?
43歳の私は、めっきり運動する機会がなくなりました。
子供が野球をやっていますが、たまにキャッチボールをする程度。
今日は、休みなのですが、雪。
こんな私ですが、昔は体を一日中動かしていました。
学生時代から社会人になっても。
朝9時から17時まで、テニスコートを予約して、一日中テニス。
土日が休みなら、2日とも。
さらに、毎週連続で。
でも疲れない。
社会人で働いているときですよ。
今の私では考えられません。
“しんどい”けど楽しかった。
合宿なんかもしたりして。
そんなことを、何年も続けていました。
30+ン歳までは、そんな運動青年?だったんです。
それが今は、100mでも走ろうものなら、体が悲鳴をあげます。
本当にスポーツの汗に飢えています。
プロ野球選手がキャンプでいい汗を流しているのをテレビで見ると
いつもスポーツの欲求に駆られます。
スポーツの汗の素晴らしさって、いいですよね。
サウナでかく汗より、1000倍いいです。
やはり、仕事でも何でも「身体が資本」ですから、
何とかしないと。
部下やその家族のため、お客様のため、そして私の家族のため
ただ、一度さび付いてしまったものというのは、なかなか元に戻りにくい。
体だけでなく、気持ちから変えないと。気合がいります。
体を元気にしないと、心が元気になりません。
まずは、体の“さびとり”からはじめます
少しでもいいから、少しずつ。
体の「プチリフォーム」です?
―――――――――――――――――――――――
   いつもありがとう
   みんなに感謝
   皆さんに感謝
   自分にも感謝
―――――――――――――――――――――――
 さて、どんな運動をしようか?