「子どもたちの、未来のために」 地域アドバイザー拠点の活動

先日6月26日ですが、朝から土砂降りの中、
Forward to 1985 energy life (以後”1985″と、省略)
http://to1985.net
の第4回のスキルアップセミナーを吉田と2人で参加して来ました。
設計の篠田が多忙のため、急遽吉田がピンチヒッター。
この日、集まったのは、愛知県〜鹿児島までの20社でした。
『Forward to 1985 energy life( 1985 年当時のエネルギー消費のあり方に進もう)』という活動は、2011年3 月11 日の東日本大震災に端を発し、福島第 1 原子力発電事故を受けて、家庭の省エネからエネルギー消費を最小化し、化石燃料や原子力に依存せず、再生可能エネルギーに立脚する社会づくりを目指しているものです。

セミナーといっても、これからの活動報告で、
1985の地域アドバイザー拠点として、
どのような活動をしていくのかということを各社が発表し、
それに対して質疑応答するという内容でした。
みんなの発表を聞いて、すでに実践されている方、
しっかり計画を立てておられる方もいらっしゃって、
勉強もされ、頑張られています。
それをみていると、自分は、全然理解していないので、
薄っぺらい知識しかない。
反省です。
1985という活動を通して、
消費エネルギーを減らすための意義を発信していかなければいけない。
地球の資源は、限りがあります。
子どもたちの未来のために、
我々が暮らしの仕事を通してできること、
それを考え、情報発信し、活動していこう。
改めて、1985の意義を再度確認し、自らの声で発信する。
そして、そのメンバーを一人でも増やす。
と、決めました。
皆様にも、
ぜひ機会があれば
1985の話を聞いて頂いて、ご協力くださいね。
実際に個人的な行動としては、省エネのために、
”節約”、”節約”でみみっちくなるのは嫌ですので、
気持よくでき、喜べるように、
その電気(照明)、不要かどうかに、迷ったら、
子供の未来を、考えて。
楽しく、
未来へのためにできること、
それを実践していきます。
まず、お客様にお願いして、リフォームの効果測定を行います。
それから、今から一年の中で、夏に2回、冬に2回の目標で、
皆さんにも「省エネ暮らし方勉強会」行います。
ぜひ、ご参加下さい。
「未来の子どもたちのために、
消費エネルギーの使用量を1985年当時を目指そう!」
LEDの利用1つでも一歩前へ前進します。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

オススメの一品

梅雨に突入し、雨続きの日々から今日は開放されました。
今日は、現場は順調に進みそうです。
お天気ありがとうございます。
さて、先日とてもいい商品を見つけましたので、紹介します。
福祉用具の歩行器です。

福祉用具の講習に行った時に、
たくさんの福祉用具の展示の中に
一台だけ他の歩行器とデザインが違うものを見つけ、
どんなものかと触らせて頂きました。
「なんで、この歩行器を?」 (説明員)
「デザインがよかったから。」(私)
「ありがとうございます。この歩行器はこの車輪に特徴があるんです・・・」と説明して頂きました。
その車輪は、車輪抑制ブレーキ内蔵ホイール仕様というもので、
従来の抵抗器と異なり、通常歩行の際には抵抗がほぼかからず、
急加速時のみ反応(ブレーキが掛かる)します。
したがって、この歩行器は、
前進に加速しても、車輪自身の自動ブレーキが作動しますので、
利用者の方が歩行器に追いつけず、転倒、という危険を防いでくれます。
そのため、とても安全です。

下り坂などでの利用でもとても安心して利用できるのではないでしょうか。
私も体験させていただき、その良さを実感しました。
歩行器も”ブレーキがあるもの”など安全対策を考えているモノもありますが、
この画期的な抑速ブレーキシステムは、
モノづくり派の私としては、スグレモノとして気に入りました。
利用者の方の安心は当然ですが、ご家族の方もご安心できると思います。
ご一緒にお住いにならない場合、
ご両親のことを考えると心配だという方も結構いらっしゃいます。
このような確実な器具があると助かりますね。
健常な状態になるためにも、適度な運動が必要です、
特に歩行は有効です。
歩行器をお考えの方、ぜひオススメしたい一品です。
参考にして頂ければ幸いです。
その他の特徴は
・スリムだからお出かけラクラク
・収納バッグでお買い物をサポート
・どこでも座れる椅子として
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

「失敗しないLED照明の提案方法」

今日は、朝に仕事を済ませて、
電材仕入先”たけでん”の招待で、大阪までパナソニックの研修に行ってきました。
まずは、グランフロント大阪により北館B1FでNEW BOX 内覧会。
新しい、パナソニックの商品を体感します。
次にツインタワーに移動し、パナソニックの照明研修。
そして、懇親会となりました。
今は、帰りのバスの車内です。
帰るまでにブログをアップロードできるように、と
目をこすりながら・・・。


さてさて、
LEDが急速に進化しています。
種類が増えてきたこと。また、薄くできることから、
新たなデザインが産まれてきています。
価格も昨年より半分になっています。すごい早さです。
オールLEDが可能になってきました。
今日の勉強で印象的だったのは、
パネルミナという商品です。
パネルミナは、LEDでも横に光が出るモノです。
光が非常にマイルドになり、
今までのようなLED照明を見ると目が痛いという欠点を解消しています。
これは使えます。
LEDの眩しさ感やギラツキ感の気になるお客様には最適です。

例えば、LDKのプランの場合、
食事をする時は電球色で、勉強する時は蛍光灯の白い光でというのが可能になります。
東大に合格した生徒で、ダイニングテーブルで勉強していたという子供が多いというデータもあり、LDKの活用がより注目されます。年頃のお子様をお持ちの方は、一考の余地があります。

そして、LEDの発達によって、
LDKがダウンライトだけの設計も今までより可能になってきました。
消費電力が著しく落ちますから、電気代が圧倒的に安くなります。何より省エネに貢献しています。
LEDの活用方法として、間接照明。
LineタイプのLEDを使ってぜひゴージャス感を味わって下さい。
ぜひ試して欲しいです。
低いところに、照明をつけるとくつろいだ空間に
足元につけると、おしゃれな空間になります。
多様な使い方でき、実現の可能性が広がりました。
では、どれくらいの明るさを考えたらいいのという方に
明るさの目安は、
白熱灯なら 40W/1畳
パルックボール蛍光灯なら 15W/1畳
蛍光灯なら 10W/1畳
になります。
ご参考にして下さい。
今は、たいへん商品の移り変わりが激しい時です。
私たちもしっかり勉強しますが、
お客様の方が詳しい時もあるかもしれません。
その時は、遠慮せずに、どしどしデザイナーに注文つけてくださいね。
とは言いながら、頑張ります。
ぜひ、頼りにして下さい。
パナソニックは、2014年完全100%LED化を目指しているそうです。
みなさんも、ぜひLEDをお試しください。
勉強の後は、懇親会で京橋のツインタワー38回で
楽しく食事をさせて頂きました。
たけでんさん、今日はありがとうございました。
感謝!
P.S.
パナソニックさんも、ありがとうございました。
山口さん、女性で若いのに最後の締めの一本締めカッコ良かったです。

みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

夏到来か?ひまわりが咲く

暑い日が続きますが、昨日の夕方に降った雨のおかげか、
一昨日より、3〜4℃は低い一日でした、
とは言っても30℃を超す暑さです。
暑さに負けず、仕事を頑張ります。
今日は、高取町のお客様(Xさま)のところに車椅子のレンタルのために、
お伺いして来ました。
6種類の中から、適切なものを選んで頂きました。

その道中で、ひまわりが咲いているのを見つけました。
一般的にひまわりの咲く時期は、7月中旬〜9月中旬。
ひまわりが咲くには、まだ早いです。
でも、力強く青空に向かって伸びている様は、
夏到来といったところでしょうか。
この暑さは本物ですね。実感しました。
私もこの暑さに負けずに、ここに咲いているひまわりのように
元気よく頑張っていこうと思います。
今日は少し元気がなかったXさまにもひまわりパワーを送り、
元気になっていただくことを願いました。
そして、みなさんにも、ひまわりパワーをおすそ分けです。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

古民家現調、第2段

今朝は、夏を到来を告げるような空の色でした。
昨日までは、朝はヒンヤリしていましたが、
今朝はその涼しさもなくなっていました。
今日は暑くなるぞ、と思いながら、一日をスタートしました。

さて、今日は古民家再生、計画中の現場へ再度行って来ました。
設計の阿部氏からのデザインが出来上がって来ましたので、
それを元に現場確認です。
図面があると見方が変わりますね。
前回は、傷み具合など漠然と見ていたのですが、
今回は、プランに対して、現実味を帯びながら見ていました。
「この屋根だと、ここに風呂は難しいなぁ」
「換気はどこに持っていく」
等々、プランに問題がないか見つけていくのですが、
色々課題が見つかります。
そうやって、地道な調査とチェックを続けていきます。
改修のことでいつも直面する問題は、予算。
住まい手にすれば、
リフォームして、新築のような状態になってほしい、
私達も、改修して、さすがプロだなと仕上げたい、
というのが、お互いの気持ちです。。
ただ、本気で傷んだ家を改修するということは、
新築するより費用がかかることもあります。
予算とにらめっこしながら、どこまで改修していくのか
というのを、夢も含めてお客様と話合いながら
リフォームが成功するように進めていきます。
ただし、お互いの信頼関係が基本だと考えています。
予算のことで話がそれてしまいましたが、
このお宅も全部をリニューアルすることは不可能なので、
予算のことを考えながら、どこまでやるのかという答えを探します。

今日の地点では、
柱が大きく傾いたり、棟が落ちていたり、構造的な問題がありますので、
どこまで、この家の傾きを建て直しできるのか?
次回は天井を少しめくって、小屋裏を見て、
屋根のメンバー(構造材)を調べようと、話し合いました。
外観、雨漏り、構造補修という部分は必ず、
しなければならないこととして、
進めていこうと確認しました。
その部分にかかる費用がどれくらいかをまず出していきます。
その費用から内部の改修への費用をだして、
プランを煮詰めていきます。
まだまだ、スタート地点ですが、
この古民家改修がうまく進んでいけばと願っています。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

2世帯リノベーション

おはようございます。創造工舎の阪本です。
昨日今日と、朝の畝傍山は、雲が重~くぶら下がっています。
梅雨入りしても、なかなか雨が降りませんね。
今の我社の現場の状況を考えると、雨は一日も降らないほうがいいのですが、
これだけ降らないと、「少しは降ってよ」と身勝手に思ってしまいます。
おかげで、現場のほうがストップせず進んでいることに感謝しながら。
昨日は午後から現場の確認に行って来ました。
香芝市のN邸2世帯リノベーションの現場です。
大工が1Fと2Fに分かれて進めてくれています。
現場は、大工が3人、瓦職人が3人と頑張ってくれていました。
暑さ増す中、ありがとうございます。

創造工舎の仕事をしていただく大工もたくさんいますが、
このN大工は現場の整理整頓がピカイチです。
もちろん仕事も素晴らしい。
整理整頓と仕事の質が完全にリンクしているいってもいい
お手本になる大工です。

道具も、ひと部屋に整然と管理しています。工事中も、工事終わりでもこの状態。

2Fの丸太が綺麗な色でいい味を出していました。
「先に塗装したの?」と、監督の山浦に聞くと、
「洗いをかけました」ということです。
「へぇ~、このタイミングで洗いか!」と感心していました。
それはなぜかというと、
洗いは、工事の最後で、ハウスクリーニングとして入るのが、ほとんどで、
このタイミングで入ることはめったにありません。
ただ、この丸太は、仕上がりで天井との取り合いが出てきますので、
最後に洗いをかけるより、今のほうが、天井の仕上げにアクが移ったり、
影響が出ないと監督が考えたのでしょう。
工程も含めて先にやっておくほうがいい
という判断を適切にしてくれていたからです。

小さな工夫が見られたことに喜んでいました。
私は工夫をすることが好きです。
このように小さな工夫の積み重ねが、
いいものを作っていくと信じています。
監督には、現場では伝えられなかったので、
今日でも改めて伝えて、
仕事への考え方を共有していきたいと思います。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

試練

こんばんは。
また、家族ネタですみません。
「あちゃ~」
昨年の次男に続き、今年は長男が
靭帯断裂の怪我です(T_T)
先日の日曜日の練習試合で。

不運なことに、息子は今、中3。
野球部に所属しているのですが、
最後の試合まであと1ヶ月半?
「どうすんねん!」
かわいそうですが、最後の総体には、完全復活は無理そうです。
「息子は、どう思っているのか?」
本人は、まだ実感が無さそうです。
親の私の方が、残念で仕方ありません。
息子に
「すんなり行かないことは、
これからもたくさんある。
これで、めげるなよ。」
と。
ちょっと、かわいそすぎる(T_T)
本当は、本人が泣きたいけど、親が泣いています。
そんな時、色々なありがたい言葉をもらいました。
少し紹介させて頂きます。
「チャンスが先送りになっただけと思えば良いよ(^_^)v
やって来るべきチャンスは必ずやって来るよ(^_^)v」
「自分が、直接プレイ出来ないことで、学ぶことも、多く、
また一回り大きく、なっていくでしょう。
頑張って欲しいですね。」
ありがとうございました。
息子とこれからできることを話し合えるヒントになりました。
どんな時でも、考え方ひとつで前向いて進むことができます。
それは生きていく上で重要なことです。
息子と残りの部活のこと話し合っていこうと思います。
こんな声をもらえる人が廻りにいることに感謝。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

ありがとう。Tさん。

こんにちは、創造工舎の阪本です。
しばらく、ブログをサボっていました。反省です。
6月に入り、いよいよ我が社は、7月の決算にむけて、ラストスパートです。
さて、今日は、私の恩人Tさんとの悲しいお別れでした。
私は、とても悲しい気持ちで、榛原の葬儀会館にいます。
Tさんは、前身の阪本燃料店の時から、弊社の仕事を手伝っていただきました。
創造工舎になってからも、我が社のお客様であり、応援してくれるサポーターとして、
厳しい意見を言ってくれるご意見番として、とても大切な存在でした。
仕事で悩んだ時、榛原のTさんのところへよく相談に行ったものです。
そして、いつも快く話を聞いて、親身になって意見を言ってくれました。
また、夏には「榛原で夏祭りがあるから家族で遊びにおいで!」と毎年声をかけて頂き、
私の家族、親戚家族、友人家族たくさんで押しかけたこともありました。
私より21才も年上のTさんは、
親父でもあり、師匠でもあり、
そして、一緒に喜んでくれる兄貴のような存在でした。
今、Tさんは旅立たれていかれました。
会社が成長していくのを見て
「よくがんばってるな。」
と喜んでくれ、
飛ばし過ぎると、
「無理したらあかんぞ。」
と注意してくれました。
また、
「あのな~、それは、どう考えてもおかしいで?」など、
厳しいことも言われました。
私もついカッ?となることもしばしばありましたが
決して私のことを悪く言っているわけではなく、
たぶん私が未熟だっただけで、Tさんの想いに気付かなかったのです。
Tさんはそんな私もいつも受け入れてくれていたんだなぁと、
しみじみ思い返しています。
私はTさんから受けた恩を、誰に返していかなければならないのか。
真っ先に思い浮かんだのは、当社のスタッフでした。
そして、私の関わりのある周りの人全員。(一番でなく、すみません。)
子供に対する責任も大切ですが、
それ以上に責任を感じるのが、当社のスタッフです。
そのスタッフにとって、経営者として
私はTさんみたいな存在にならなければいけないんだな、と思います。
教えることの大切さをつくづく感じています。
私は経営者という立場で嫌なことも
よく言わなければなりませんが、
一人の人間としても、
相手のためを思う言葉や意見を言っていくことが大切だなと、
今学んでいます。
そんなありがたい人の一人になれるよう、
学びと実践を重ねて行こうと思います。
Tさんは、最後にそのことを教えてくれました。
69才という若さでしたが、
私とは30年もおつきあいさせていただいたこと、
本当に嬉しかったです。心からお礼申し上げます。
「今、私がこうしてあるのも、
創造工舎がこうしてあるのもTさんのお陰ですよ。」

「長い間ありがとうございました。」
「そして、ご苦労様でした。」
ご冥福をお祈りいたします。
Tさん、さようなら。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !