まだ大家さんに水道料金を払っているの?!

こんにちは! 工務の勝本です
創造工舎は「暮らし」に関わるいろんな仕事を承っています。
今回は、マンションの水道のメーターを戸別に設置した事例をご紹介します。

最近は少なくなってきましたが、賃貸マンションやアパートの水道料金が親メーター方式になっていて、「大家さんが水道料金を集金に廻る」といったところがまだまだあるようです。 電気代やガス代は直接支払っているのに、水道代だけ大家さんへ支払うのはお互い面倒ですよね。

建設時に各戸 「私設水道メーター」 が設置されていた

マンションやアパートの建設時には、大きい親メーターを設置し各戸に子メーターを設置します。その子メーターが「私設水道メーター」か「公設水道メーター」によって料金徴収先が違ってきます。今回はこんな事例を紹介します。

親メーターと子メーター

某マンション(共同住宅)は、各戸水道のメーターが「私設水道メーター」だった為、検針&料金徴収は、そのマンションの大家さんが行ってきました。2ヶ月に1回この作業を行うのは大変です。また、マンションの住民も毎回大家さんへ現金で支払いするのも面倒だと思います。

「公設水道メーター」に取替えるには?

創造工舎では、水道局に各戸検針、料金徴収の切替え申請し、公設水道メーターに取り替える工事まで行っております。マンションやアパートのオーナーさんをはじめ、マンション、アパートにお住まいの方も水道料金の集金に困ってい方はお気軽に創造工舎へご相談ください。

水道メーター取替え工程

「公設水道メーター」への取替え手順を紹介します。
まず、マンションの申請許可を受け、「私設水道メーター」を「公設水道メーター」に取換えるための諸条件をクリアして、水道局の検査に合格をもらいます。

既存の各戸私設水道メーター 着工前

こちらがもともと付いていた水道の子メーターです。私設水道メーターはマンションの通路などのメーターボックスの中にあります。

パイプスペース内を防水工事
各戸「公設水道メーター」に切り換え 完了!

このような水道メーターでお悩みの方がいらっしゃいましたら、創造工舎へご連絡ください。マンションやアパートの住民の方もオーナーさんもどちらも暮らしやすく、ストレスフリーになると思います。また、2世帯住宅など、「水道料金を分けたい!」など、特殊なご依頼にも臨機応変に対応させていただいております。

おうちのお悩みを解決していくたび、私たちの経験値がアップしていきます。
今日も信頼と実績を更新しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください