ログイン
HOME  » リフォーム補助金・減税について » 各種補助金・減税制度

各種補助金・助成金

住宅ストック循環支援事業

住宅ストック循環支援事業とは

良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を目的とした補助金制度です。

対象工事期間:平成28年11月1日~平成29年12月31日
補助金交付申請期間:平成29年1月18日~29年6月30日 (予算消化次第終了)
エコリフォーム補助金額/最大30万円 (耐震改修を伴う場合は、最大45万円)
対象工事についてはこちらをご覧下さい。

弊社はエコリフォーム登録事業者です。

ただ今受付中

詳しくは、住宅ストック循環支援事業補助金ホームページ参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

復興支援・住宅エコポイント

復興支援・住宅エコポイントとは
  • 地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化
  • 住宅市場の活性化
  • 東日本大震災の被災地復興支援のため、エコ住宅の新築またはエコリフォームをした場合
にポイントが発行され、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度です。

平成27年1月31日 各種申請終了しました。

平成24年度弊社実績:34件

詳しくは、 国土交通省ホームページ復興支援・住宅エコポイントについて参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

木材利用ポイント

木材利用ポイント事業は、地域材の適切な利用により森林の適正な整備・保全、地球温暖化防止及び循環型社会の形成に貢献し
農山漁村地域の振興に資することを目的としています。
  • 対象地域材を活用した木造住宅の新築等
  • 内装・外装の木質化工事
  • 木材製品及び木質ペレットストーブ・薪ストーブの購入
の際に、木材利用ポイントを付与し、地域の農林水産品等と交換できる事業です。
 
※このポイント制度を利用できるのは施工事業者として登録した業者でリフォームをしなければ利用できません。

弊社は施工事業者として登録しています。   平成25年度 登録工事業者番号 29-0006850      


平成27年10月31日 ポイント発行・交換の申請受付終了しました

詳しくは、  木材利用ポイント事務局ホームページ参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

奈良の木を使用した住宅への助成制度

奈良で生産されている、または認証された木材を使ってリフォームした場合、助成金が支給される場合があります。

対象者
  • 地域認証材又は県産材を使用し、持家住宅(個人が自らの居住の用に供するために自ら所有する住宅)の新築、増築、改築又はリフォームを行う所有者
  • 地域認証材又は県産材を使用し、分譲住宅の新築を行う事業者

平成28年7月 申請受付終了しました

平成27年度弊社弊社実績:2件 360,000円 申請取扱しました。

詳しくは、 奈良の木ブランド課ホームページ参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

ならプラス

国のエコポイント制度と連携し、奈良県産材を使った環境に優しい省エネ住宅の建設促進を図るとともに
奈良にふさわしい住まいのリニュアルや安全性の向上を図る助成制度が創設されています。

■木材利用ポイント ならプラス

平成27年3月25日 申請受付は終了しました。

詳しくは、奈良県公式ホームページを参照。

■住宅版エコポイント ならプラス

平成24年12月31日 予約申込は終了しました。


平成24年度弊社弊社実績:3件
平成23年度弊社実績:26件


詳しくは、奈良県公式ホームページを参照。

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

省エネ住宅に関するポイント制度

省エネ住宅ポイント制度とは
一定の省エネ性能を有する住宅の新築や、エコリフォームに対して
様々な商品等と交換できるポイントを発行する省エネ住宅に関するポイント制度です。
(※平成26年12月27日の閣議決定より)
1戸あたり300,000ポイントを上限

工事等内容に応じて2,000~100,000ポイント
耐震改修を行った場合は1戸あたり300,000ポイントの上限とは別に150,000ポイントを加算。

【対象住宅】
省エネ性能を満たすエコ住宅の新築、対象工事を実施するエコリフォーム及び
省エネ性能を満たす完成済みの新築住宅の購入が対象となります。
【対象期間】
平成26年12月27日~平成28年3月31日までに契約、着手、完了したものが対象となります。
【ポイント発行対象】
以下の要件を満たすリフォーム工事等がエコリフォームの対象となります。
(ポイントを申請する際には、対象工事に関する証明書等が必要になります。)
1)窓の断熱改修
○ガラス交換(既存窓を利用して、複層ガラス等に交換)
○内窓設置(既存窓の内側に、新たに窓を新設)
○外窓交換(既存窓を取り除き、新たな窓に交換)             
2)外壁、屋根・天井または床の断熱改修
3)設備エコ改修工事(下記住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事を対象)
○太陽光利用システム
○節水型トイレ
○高断熱浴槽
○高効率給湯機
○節湯水栓             
4)その他の工事等
A.バリアフリー改修
B.エコ住宅設備の設置
C.リフォーム瑕疵保険の加入
D.耐震改修
 
平成27年10月21日 申請受付終了

  ●平成27年度 弊社実績 561件 申請取扱しました。

詳しくは、国土交通省ホームページ省エネ住宅に関するポイント制度について参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。

省エネ改修推進事業

本事業は、住宅・建築物ストックの省エネルギー改修等を促進するため民間事業者が行う
  • 省エネ改修工事
  • バリアフリー改修工事
  • 耐震改修工事(戸建住宅及び共同住宅のみ)
に対し、国が事業の実施に要する費用一部について支援するものです。
      
弊社は採択事業者です。

省エネ改修等緊急推進事業 「地域エコライフ活性事業」
  ●平成25年度 採択事業者 プロジェクト番号13C-0896
        申請受付は終了しました
      
      
  ●平成25年度 採択事業者 プロジェクト番号13C-0896
   平成25年度弊社実績 4件 3,369,000円の補助金申請取扱しました。
       
       ●平成24年度 採択事業者 プロジェクト番号12C-5989
        平成24年度弊社実績 3件 1,966,000円の補助金申請取扱しました。
       
       ●平成20年度 採択事業者 プロジェクト番号4059 【終了】
        平成20年度弊社実績 7件 1,524,000円の補助金申請取扱しました。

詳しくは、国土交通省ホームページ「住宅・建築物省エネ改修等緊急推進事業」の公募内容に係る情報提供について参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

既存木造住宅省エネルギー改修工事等補助事業

木造住宅の省エネルギー改修工事等に対して
対象の改修工事を行うと費用の一部が補助される場合があります。

お住まいの地域によって、補助金の申請時期が異なりますのでご注意ください。
 

【市町村の補助制度】

■橿原市にお住まいの方は
【対象工事】
熱損失防止改修工事の要件と同等以上に適合するよう改修する工事及び、ヒートショック予防の為の健康に配慮した住宅の改修工事

(1)窓の断熱改修工事
(2)(1)の改修工事と併せて行う「床」、「天井・屋根」、「壁」の断熱改修工事
(3)(1)の改修工事と併せて行う健康に配慮した住宅の改修工事
※健康に配慮した住宅の改修工事は、「脱衣所」「トイレ」に設置する壁掛け暖房設備、床暖房、暖房便座。
※熱損失防止改修工事の要件(地方税法附則第15条の9第9項規定)
補助金額】
  省エネ改修工事にかかった額(部位別に上限あり)の3分の1、最大500,000円
 
ただ今平成28年度受付中
 
   ●平成27年度 弊社実績 2件 265,000円 補助金申請取扱しました。

詳しくは、橿原市ホームページ参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

減税リフォーム

平成21年4月から、 一定のリフォーム工事について
ローンを使用せずに自己資金で行った場合でも減税措置が受けられる制度(投資型)が
新たに設けられました。
  • 耐震リフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネリフォーム
一定の要件を満たしていれば、これらのリフォームをすることで
「所得税の控除」や「固定資産税の減額」を受けることができます。

弊社では、増改築等工事証明書等、確定申告に必要な書類を作成致します。
      
※減税制度の期間が延長されています。

 詳しくは、 リフォネットホームページ参照
       
 または、フリーダイヤル 0120-099-687お問合せ下さい。
 

介護保険住宅改修費支給サービス

高齢者や障害者のいる世帯に対し、その住宅を居住に適するよう改造するために要する費用を助成し
本人の自立や介護者の負担軽減をはかる制度です。
ただし、助成として認められるのは既存の浴室、便所、玄関等について対象者が使用する部分に限ります。
 
介護保険住宅改修費支給サービスは
利用者の心身の状況や状態を確認してから改修していただきますので
改修前に担当のケアマネージャーか、お近くの居宅介護支援事業者へご相談ください。

対象の条件
①     要介護認定で要支援・要介護と認定されている事
②     福祉施設に入所または病院に入院していない事。
③     改修する住宅の住所地が被保険者証の住所地と同一である事。
       
助成額
改修が必要と認められた部分について限度額 20万円
※工事費用が20万円になるまで複数回の利用が可能
★介護サービス(助成金の支援を受けるには)を利用するには、要介護の認定を受ける必要があります。
★市町村によって介護サービスの規定が若干違いますので、お問い合わせください
       
介護保険住宅改修費支給の対象となる改修  
①手すりの取り付け
廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒防止若しくは移動又は移乗動作に資することを目的としてするもの。
       
②段差の解消
居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差及び玄関から道路までの通路等の段差を解消するための住宅改修をいい、具体的には、敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床の嵩上げが想定されるもの。
       
③滑り防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
居室においては畳敷から板製床材、ビニール系床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更等が想定されるもの 。
       
④引き戸等への扉の取替え
扉全体の取替えの他、ドアノブの変更や戸車の設置なども含む。
       
⑤洋式便器等への便器の取替え
和式から洋式便器に取替える場合など。
       
⑥その他
①~⑤の改修に付帯して必要となる改修

介護リフォームについて詳しくは、こちらを参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
       

■福祉用具購入費支給サービス

日常生活の自立を助けるための器具を購入することができます。
ケアマネージャーなどのアドバイスをもとに、福祉用具販売店で購入してください。
 
★ 福祉用具購入費の支給額…支給限度基準額は年間10万円です。(うち1割は利用者が負担)
★ 支給限度基準額は1年間(4月~翌年3月)で10万円です。
  年度が変われば改めて、福祉用具購入費の支給を受けることができます。 
 

スマートウェルネス住宅等推進モデル事業

「スマートウェルネス住宅等推進事業」とは
住宅と医療の連携により、断熱性能を中心に住まいの省エネルギー性を向上させることで住まう人の健康の維持・増進につなげていくことを医学的に明らかにし
そのような住まいを推進していくものです。
快適な住環境が健康に貢献するという根拠の確立を目的に、国土交通省がこの事業を開始しました。
  

関西では、奈良県産材を活かし、高齢者が住み慣れた家でいきいきと暮らすことのできる
「スマートウェルネス住宅」の実現を目指し「関西学研都市健康・省エネ住宅推進協議会」が発足しています。
本協議会では、「健康と住宅の関係性」を医学・建築の学識経験者と改修事業者が連携して
調査・研究を行うことを目的としています。

創造工舎は、建築分野として参加しております。
「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」を利用して省エネリフォームを行った場合補助金を受けることができます。
断熱リフォームなど、省エネリフォームをご検討中の方は当社スタッフまでお問合わせください。
(※こちら補助金を利用するには、リフォームをする前後に住環境・健康データの調査が必要となります。)

健康調査については、コチラを。 または当社スタッフまでお問合わせください。

【補助要件】
○省エネルギー改修工事を行うことで、一定基準以上の省エネルギー性能(※)とすること。
(※)一定基準以上の省エネルギー性能とは、平成26年度長期優良住宅化リフォーム推進事業

【評価基準型】に定める省エネルギー対策のA基準以上とする。
リフォーム工事前から、A基準以上に適合している住宅は対象外。
○リフォーム工事前後の健康調査にご協力頂くこと。

補助金額】 省エネ改修工事に要した費用の2分の1の金額、最大1,000,000円
(※バリアフリー改修を含む場合は最大1,200,000円の補助金が受けられます)
             
平成26年度弊社実績 2件 1,780,000円の補助金申請取扱しました。
平成27年度弊社実績 3件 3,080,000円の補助金申請取扱しました。


◆H28年度申請終了
◆H29年度未定

 
詳しくは、スマートウェルネス住宅等推進モデル事業ホームページ参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687お問合せ下さい。

既存住宅流通活性化等事業

住宅ストックの品質向上及び既存住宅の流通活性化を図るため既存住宅の流通やリフォームに際して
  • 住宅瑕疵担保責任保険法人による検査
  • 履歴情報の登録または蓄積
  • 瑕疵保険への加入
等を行う事業について、リフォーム工事費用等の一部を助成するものです。

弊社は採択事業者です。
 
既存住宅流通・リフォーム推進事業 採択事業者 ID番号A0728088 【終了】
存住宅流通活性化事業 採択事業者 ID番号240086 【終了】

平成22年度弊社実績 10件 8,362,723円の補助金申請取扱しました。
 
詳しくは、既存住宅流通活性化等事業について

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。
 

長期優良住宅先導的事業

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である
「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画
(「長期優良住宅建築等計画」といいます。)を認定する制度の創設を柱とする
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され
平成21年6月4日に施行されました。

平成23年度弊社実績 2件 4,000,000円の補助金申請取扱しました。
 
  詳しくは、 独立行政法人建築研究所ホームページ参照

または、フリーダイヤル 0120-099-687 へお問い合わせ下さい。

耐震診断・耐震工事による補助金

耐震診断を行う際に、お住まいの自治体から補助金が出る場合があるのをご存知ですか。
また、耐震改修工事を行う際にもお住まいの自治体から補助金が出る場合があります。
補助金を受けるためには、契約行為や工事の着手より前に
補助金の申請が必要ですのでご注意ください。
また、条件に該当すれば所得税の控除も受けられます。
詳細は当社スタッフまでご相談ください。
 

【市町村の耐震改修補助制度】

■橿原市にお住まいの方は
【補助金額】 耐震診断に要した費用の3分の2の金額、最大66,000円
・補助対象棟数 10件 (補助対象棟数に達し次第締め切ります。)
・対象診断方法は精密診断に限ります。

平成28年12月9日 募集終了

詳しくは、橿原市ホームページ参照

申請時期や対象要件については、各自治体により異なります。各自治体のホームページを参照下さい。

または、フリーダイヤル 0120-099-687お問合せ下さい。

太陽光発電システム導入補助金制度

■国の補助金制度
太陽エネルギーを活用して電気をつくる太陽光発電システムは
石油や石炭などのエネルギーを使わず、CO2を排出しない、エコな住宅設備です。
 
平成27年3月 交付申請終了しました。
 
詳しくは、太陽光発電協会ホームページ参照

■各自治体の補助金制度
各自治体によって助成金が支給される場合があります。
募集期間や対象要件については、各自治体ホームページを参照下さい。
      橿原市  大和高田市  葛城市  生駒市  三郷町

または、フリーダイヤル 0120-099-687お問合せ下さい。
 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有