増加する自宅での介護

高齢化が進み、入院を必要としている人に対して
病院のベッドが不足していることや、慣れ親しんだ自宅で
余生は過ごしたいなど要介護者の要望で在宅での介護が増加しています。
住環境の整え方次第で、家族の素敵な思い出、時間が過ごせる
のではないでしょうか。

住環境のポイント①

一番不便に思うことはスペースの確保です。
片付いていない部屋は介護するのもしにくいし衛生を保つための掃除もしにくいです。
シンプルな部屋づくりを心がけましょう!

住環境のポイント②

トイレの住環境の整備することです。
一番要介護者が、家族に甘えたくないことが、トイレで介護してもらうことです。
なるべく自力で行こうとします。
しかし、筋力が低下していると便座からの立ち上がりも一苦労。
支えになる手すりがあると、転倒などの事故防止にもつながりますよ。

住環境のポイント③

出入りする場所は、引き戸にしておくことです。(特にトイレと玄関)
扉を引き戸にすると、開口部がとても広がるので、車椅子が必要になった時に
出入りがとても楽です!

住環境を整えて、家族の無駄なストレスを少しでも減らすことは、
介護のサポートにもつながるんです。

私たち「けあねん」では、ご要望をお聞きし、生活習慣に合った
住環境のサポートをさせていただきます。

介護認定を受けておられる方は、市町村から住宅改修の助成金も
受けられます。面倒な申請も代理でさせていただきますので、

安心して住宅改修も「けあねん」におまかせください!!

けあねんスタッフ 阪本 昌子

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です