楽しく食事をするために。

こんにちは、けあねんスタッフの井形です。

今日は朝から快晴の気持ちの良いお天気ですが、昨日は晴れたり雪が降ったりの
変わりやすいお天気でしたね。
朝起きたら一面雪景色だったので、子供達は寒い中で雪遊びに夢中になっていました。
おかげで玄関が汚れて、掃除が大変でした…。

さて、今回は『誤嚥』についてのお話です。
『誤嚥』という言葉、ご存知ですか?「ごえん」と読みます。
異物を飲み込んでしまう「誤飲」とは違います。
『誤嚥』とは、飲食物が誤って食道ではなく気管に入ってしまうことです。
飲食物を飲む込む力が弱かったり、飲み込む神経の働きが悪かったりすると
起こりやすくなります。
飲食物が気管に入ると激しくむせるのは、それを押し出そうとするからです。
飲食物だけでなく、唾液が気管に入る場合もあり、口から肺に細菌が入ることで
誤嚥性肺炎になってしまうことがあります。

誤嚥性肺炎は高齢者の方にとっては命の危険につながりかねない危険な病気です。


96歳の私の祖母も先日、食事をしている際に誤嚥し、苦しい思いをしたようです。
遠方に住んでいるので、とても心配になりました。
今はまだ食べることには特に不具合がなく、元気に食事をしていらっしゃる方でも
『誤嚥』は決して他人事ではありません。

では、誤嚥を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?
誤嚥を防ぐためには、飲食するために使う身体機能が元気に働いている必要があります。
必要な機能を活性化させるために介護施設や介護サービスなどで食事前に行われるのが
「嚥下(えんげ)体操」です。

●嚥下体操の手順●
1.深呼吸する
2.首の体操:左右を向く、首を傾けたり回したりして首をほぐす
3.肩の体操:両腕を上げ下げしたり、肩を回したりして、肩のまわりをほぐす
4.口の体操:口を大きく開けたり閉じたり、引き結んだりして口周りをほぐす
5.頬の体操:頬を膨らませたり、すぼめたりして頬の筋肉を動かす
6.舌の体操:舌を出したり、舌先で左右の口角に触れたりして、舌を動かす
7.声を出す体操:「パ」「タ」「カ」「ラ」の4つの音をはっきり発声し、
口の動きや唾液の分泌を促す
8.咳をする体操:咳払いをして、誤嚥したときに咳で押し出す練習をする

深呼吸は食前だけではなく、食後にも効果的。
気付かないうちに誤嚥したものを押し出す効果があるので、食前食後の深呼吸を
忘れずに行いましょう!

けあねんスタッフ 井形

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

浴室改装の事例

こんにちは、けあねん担当の高瀬です。

2月も半ばになりました。
1月には厳しい寒さ&インフルエンザの大流行で、内外ともに体調不良の方が
多かったように見受けられます。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
くれぐれも寒中、お身体を大切にお過ごしください。

今回は1月に施工させていただいた浴室改装の事例をご紹介させて頂きます。

今回の施主様は85歳の女性の方です。
ご主人を亡くされてからは、独居で生活されていらっしゃいます。
夏でも三輪車にて買い物や病院などに外出され、活動的でいらっしゃいますが、
下肢の筋力低下も顕著になり、移動が不安定でいらっしゃいます。
独居のため、一人で入浴されていますが、下肢の筋力低下で足を上げにくくなり、
浴槽への出入りの跨ぎ動作時に躓いて、転倒しそうになったご様子でした。
昨年11月には、入浴した際に洗い場で滑って転倒され、入口の開き戸ガラスを割る
事故があり、頭を縫うほどの怪我をされました。
幸い頭や身体に異常はなかったことから、家での入浴再開をするにあたって
浴室改装のご相談を頂きました。

工事施工前の写真です。

浴槽跨ぎの高さ40cm、浴槽の深さ58cmで普及型の一般的な浴槽でした。
浴室床のタイルは劣化もあり、滑りやすくなっておりました。
浴槽跨ぎ高さは足を躓くとのことで高さを低くし、
また浴槽の深さは50cmの浴槽を据付、また床タイルの張替でプラン致しました。

施工後の写真です。

浴室改装後、浴槽跨ぎの高さが低くなったこと(35cm)で、
足を躓くことなく浴槽に入ることができ、施主様も喜んでおられました。
床タイルも滑りにくいものを選んだことで、今後転倒される心配もなくなったと
考えております。
何よりも施主様が安全に安心して入浴できる浴室に仕上げることができ、
施主様に喜んでいただけたことが私たちの喜びです。

入浴でお困りのことはございませんでしょうか?
何かお困りのことがございましたら、ぜひけあねんまでご相談ください!

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

福祉用具レンタルの活用

福祉用具のことは知っているが、使うのはちょっと・・・と

福祉用具レンタルを躊躇われている方も多いと思います。

私の家族も昨年12月中旬頃に、急に腰が痛いと言い出し、

寝たきりが多くなってしまいました。

 

寝てることが多くなると、起き上がるのに15分ぐらい時間が

かかるので、トイレも間に合わなくなり、トイレ行きたくないから

水分取らない、食事も面倒・・・全てが悪循環になっていました。

そうしている内に思いきって介護用ベッドをレンタルすることにしました。

すると、モーターで背中が起き上がり、高さも調整できるので立ち上がりも

スムーズで、周りのバーを掴みながら楽に起き上がれるようになったのです。

ベッドのお陰で、トイレも早めに行けるようになり、食事もダイニングの椅子に座って

食べるようになり、デイサービスも嫌がらず行けるようになってきました。

レンタルなので、デモで試すこともできますし、思いきってレンタルしたことで、

一つの動作がスムーズになることで、色んなことが自立して出来るようになることも

あるのですね。

思いきって活用してよかったです!

 

けあねんスタッフ  阪本 昌子

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

 

楽しく介護を知ろう!

こんにちは、けあねんスタッフの井形です。
毎日口癖のように「寒い寒い」と言っている気がしますが…
今週は特に寒い日が続きますね。

昨日は、朝出勤したら職場の水道が凍結していました。
蛇口を捻っても水が出ない光景を初めて見ました。
寒さのせいもあり、インフルエンザが大流行しているようです。
なるべく人混みには行かないようにし、帰宅後は手洗い、うがいを
徹底しましょう!

さて、今回は書籍のご紹介です。
『介護がわかる』という漫画なのですが、介護保険の仕組みや
病気のこと、介助の仕方などを漫画で分かりやすく説明しています。

日頃、介護保険利用の申請などを担当していますが、知らないことが
まだまだたくさんあり、もどかしく感じることがよくあります。
介護保険の仕組みや使い方について説明された本を読んだりしますが、
言葉が難しかったり、馴染みがなかったりで頭に入ってこず…。
そんな時に見つけた本がこの本です。
漫画なのでスイスイ読めます。

介護福祉士や社会福祉士を目指す人、
家族を介護している人、
介護や医療の現場で働くスタッフ、
介護の仕事に関心のある人

いろんな方にオススメの本です。
まだ「介護なんて関係ないわ」という方も、いつか家族の介護をする時、
もしくは介護される時が来るかもしれません。
その「いつか」の時の為に、介護のことを知っておくと良いと思います。

興味を持たれた方は、一度本屋さんなどで見てみてくださいね。

けあねんスタッフ 井形

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

【バスリフト】導入のご紹介

こんにちは、けあねん担当の高瀬です。

新年を迎えて、早20日が過ぎました。
最近は寒さが増し、この冬の一番厳しい時期を迎えました。
この寒さはまだまだ続くと予報されております。
厳しい冬、お身体を大切にお過ごし下さい。

今回は、昨年末からバスリフトのレンタルを開始させて頂いた事例を
ご紹介致します。

今回のご利用者様は、10月に自宅で転倒され、大腿骨頸部(股関節の付け根)
骨折と診断され、その翌日に手術を受けられました。
リハビリは順調に進み、歩行状態も良くなられましたが、骨折による手術で
股関節に可動域(曲げても良い範囲)の制限ができることで、
浴槽へ入る際に浴槽を立位で跨ぐ動作や、浴槽内から立ち上がる動作ができなく
なりました。
退院に際して、大好きなお風呂に入れないのは…とご相談を受けて、
提案させて頂いたのが「バスリフト」です。


上記の写真のように、浴槽に据え置くことができる、お風呂用のリフトです。
まずは座った状態で足を乗り越えて浴槽に入ることができるため、
立位で跨ぐ必要はありません。
大腿骨骨折の術後、可動域に制限がある場合、90度以上には股関節を曲げる
ことができないため、立位での跨ぎ動作が難しくなります。
座った状態で跨ぐ動作は、股関節を90度以上に曲げる必要はないので、
安心して浴槽に入ることができるのです。


また、バスリフトは上の写真の②のように座面シートが電動で昇降できるので、
浴槽床からの立ち上がり動作が不要になります。
股関節の可動域の制限があれば、立ち上がり動作はできませんが、
「バスリフト」なら足を伸ばして安心して浴槽内へ浸かり、出ることができます。


介助による入浴が必要な方も、上記のように安心して入浴が出来て、また
介護負担の軽減もはかることができます。

今回ご紹介した「バスリフト」は介護保険福祉用具貸与の適用商品になっており、
要介護認定2以上を受けられた利用者を対象に、レンタルでの利用が可能です。

今回の利用者様も、年末の退院後の「バスリフト」導入により、
自宅のお気に入りの浴室で毎日の入浴を安全に、安心して、動作されており、
とても喜んで頂いております。

こんなことで困っているけど、利用できる福祉用具はないかな?など
お困りのことはございませんか?

是非、けあねんまでご相談ください!

 

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

デイサービスの選び方

こんにちは。

創造工舎けあねんの阪本です。

 

去年の春頃から義理母がデイサービスに通っています。

デイサービスは小規模、大規模、リハビリ重視の施設など

色々あります。

手芸や自分の好きなことをしながらゆっくりと過ごせる施設、

たくさんの器具やカラオケBOX、足湯などお楽しみなことが

ある施設など

 

 

デイサービスを選ぶ時に、私も足湯やカラオケ、マッサージ機も

何台もあるし、庭も広く散歩もできるし・・・と大規模なデイサービスの

方が利用者さんもたくさんいるしお友達も増えていいだろうと思っていました。

 

しかし、義理母はおとなしい性格で自分から進んで試してみるということを

あまりしない方なので、大規模な施設では結局、席に座ってじっとして一日

を過ごすことが多かったようです。

逆に小規模な施設では、少人数なのでみんなで体操したり、ゲームしたり、

誕生日会や買い物デーがあったり、午後からは好きなことをして過ごして

います。お風呂も一人ずつお湯を入替えて一人ずつ入れてくれます。

髪を編みこみまでセットしてくれることもあります。

なので義理母は、小規模なデイサービスの方が楽しく過ごせています。

施設を選ぶ時は、利用する人の性格や身体の状態で検討していくべき

だと思います。社交的で何でも自分で進んでされる方は大規模な施設の

方が楽しく過ごせるかもしれません。しかし義理母のような性格では、

また軽度の認知症もあったため、声かけをよくしてくれて、「今日はこれを

しましょうか?」と誘ってもらえる方がいいですね。

 

ケアマネさんにも本人の性格や状態を十分に伝えておくと、適した施設を

紹介してくれます。

そして必ず本人とご家族で体験しに見に行ってくださいね。

 

けあねん スタッフ 阪本 昌子

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

ちょっとの工夫で健康が守れます!

こんにちは、けあねんスタッフの井形です。

先週は毎日冷蔵庫の中に居るかのような気候でしたが、
週明けは一転、朝から快晴で気持ちがいいですね。
こんな日が続いてほしいものですが、まだ1月半ば。
寒さに耐える日々はまだまだ続きます…。
特に「首」「手首」「足首」を暖かくして、お過ごしくださいね。

さて、先日見たニュースをひとつご紹介させて頂きます。

奈良県ではここ3年間で入浴の際に倒れて亡くなった人が、少なくとも
550人に上ることが分かったそうです。
およそ9割が65歳以上で、原因は、入浴前後の温度差によって心筋梗塞などを
引き起こす「ヒートショック」とのことです。

消防によると、入浴中に意識を失うなど、浴室や脱衣所で倒れて救急車が
出動した件数は、去年までの3年間で少なくとも2085件だったそうです。

先々月にも当ブログにてヒートショックの予防法についてご紹介させて
頂きましたが、再度ご確認ください。

昔からのタイル張りのお風呂をご利用の方は、
『この機会に是非システムバスへ!』と言いたいところなのですが、
費用も高額になりますので、下記の方法でご対応ください。

●暖房器具などであらかじめ脱衣所や浴室を温めて温度差を小さくする

●入浴前に浴室にお湯をかける

●風呂の温度を41度以下にして長湯をしないよう心がける

●お風呂のフタを開けて、浴室内をあたためておく。

少しの工夫で対策ができるので、是非みなさまも実行してみてください。

お困りごと、お悩みのある方は、お気軽に「けあねん」へご相談下さい!

けあねんスタッフ 井形

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

2018年に何が変わる?

こんにちは、けあねんスタッフの井形です。
本年もけあねんを宜しくお願い致します。

2018年になり9日が過ぎましたが、お正月はゆっくり過ごされましたか?
そろそろ生活のリズムを戻しておきたい頃ですね…。
私は年始に暖かい所へ旅行へ出かけておりましたので、奈良の寒さを
改めて痛感しているところです…。

さて、今年最初のブログということで、今年改正される介護保険制度について
少しご紹介を致します。

介護保険制度は2000年にスタートし、何度か改正を繰り返しています。
2025年には団塊の世代が75歳以上となり、介護や医療のニーズがさらに高まる
ことが予想されます。そのため、増え続ける社会保険給付費を抑える観点で
改正案が検討されているのです。

利用者様に関わる主な改正ポイントとしては、

●自己負担額の見直し
一部のサービス利用者様の自己負担が2割から3割に引上げ。
(※月額44,000円の上限設定)
●福祉用具貸与価格の見直し
●新しい介護保険施設「介護医療院」の創設
長期にわたって療養するための医療と、日常生活を送る上での介護を
一体的に受けられる施設

その他、改正点がいくつかありますが、まだ議論が必要なものもあるようです。
今後の動向に注目していきましょう。

またブログの方でもご案内させて頂きます。

けあねんスタッフ 井形

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

高齢者やその家族の強い味方!

こんんちは、けあねんスタッフの井形です。

早いもので今年も残すところあと3日となりました。
今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
元気にお正月を迎えられるように、みなさまお身体には気をつけて、
暖かくしてお過ごしくださいね。

さて、今回は高齢者やその家族を支援してくれる
「地域包括支援センター」についてお話をさせて頂きます。

地域包括支援センターは、介護・福祉・保険・医療など、様々な面から
高齢者の生活を総合的に支援する機関です。
保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー、ケアマネジャーといった
専門職員がチームとして連携し、高齢者やその家族が抱える様々な
悩みや困りごとの相談に応じています。

具体的な業務としては、

●自立した生活の支援(介護予防ケアマネジメント)
要介護認定で要支援1、2と認定された方や、認定を受けていないが
介護予防の必要があるとされた方が対象です。
自立した生活が継続できるように介護予防の支援をします。

●様々な相談に対応(総合相談支援)
適切なサービスの紹介や、関係機関と連携を図りながら課題解決に
取り組みます。

●尊厳のある暮らしを守る(権利擁護)
高齢者が地域で安心して尊厳のある生活ができるように、関係機関と
連携して、高齢者虐待への対応や虐待防止に向けた啓発、消費者被害
を未然に防ぐ為の取り組みや情報提供を行います。

●多方面から支援(包括的・継続的ケアマネジメント)
介護・福祉・保険・医療などの専門機関とのネットワークを構築し、
高齢者にとって安心して暮らせる地域づくりを進めます。

橿原市では、地域で支え合う仕組み「地域包括ケアシステム」の構築が
進められており、高齢者に関する相談窓口として、「かしはら街の介護相談室」が
設置されています。
相談室は小学校区、中学校区ごとに設置されています。

高齢者の介護、福祉、保険、医療などに関することでお悩みがありましたら、
お住まいの小学校区の「かしはら街の介護相談室」までご相談ください。

2018年も皆様にとって素晴らしい年になりますように!
良いお年をお迎えください。

けあねんスタッフ 井形

 

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ

お困りの場所はどこですか?【玄関まわり編】

こんにちは、けあねんスタッフの井形です。
ここ数日、お天気は良いものの寒い日が続いていますね。
今年も残すところあと10日弱となりましたが、まだ年末感もあまりなく、
穏やかに過ごしています…。
これから年末年始に向かって、大掃除や買出し、帰省などお忙しく
過ごされる方も多いと思います。
ケガなどないよう、お気をつけてお過ごしくださいね。

さて、「バリアフリーを考える」シリーズ、今回は玄関まわり編です。
玄関で不便な思いや、危険な思いをするとお出かけするのが億劫になります。
そうならない為にも安全で快適に使えるように気をつけなければなりません。
玄関は「家の顔」とも言われる場所ですので、困ったことや不安な表情が
出ないようにしましょう。

●扉対策

一般的には開き戸のお家が多いと思いますが、高齢者や車いすをご利用の
方にとっては、引き戸が安全です。

●框(かまち)対策

家の中にある段差の中でも最も高い段差と言えるのではないでしょうか。
ここで転倒すると大怪我にもつながります。
安全に段差を昇り降りできるよう、また楽に靴の脱ぎ履きができるよう
対策が必要です。

●車いすへの配慮

スロープやリフトを利用すれば、車いすに乗ったまま自宅に上がることが
出来ます。

●玄関収納

外出時に車いすをご利用される方は、車いすの収納場所が必要になります。
玄関に出し放しにすると転倒の原因になったり、見た目にも良くなかったり
しますので、車いすを収納できる場所を確保しましょう。

●車いすのタイヤの汚れ対策

ご自宅の中でも車いすをご利用になる方は、このような対策がオススメです。

意欲的な外出を促すためにも、安全に利用できる玄関を心がけましょう!

けあねんスタッフ 井形

介護リフォーム・福祉用具の事なら お気軽にお問合せ下さい。
福祉リフォーム けあねん 0744-23-2205

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

☆創造工舎の施工事例をぜひご覧下さい☆

☆創造工舎のイベントのご案内は、コチラです☆

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
創造工舎のリフォームには、フランとリプラがあります。
” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『 新しい暮らしのものがたり』フラン
” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓
『ちいさなことから生活サポート』リプラ