ログイン
ご相談お問合せ 電話で詳しく相談 来店ご予約申込み イベント・相談会開催情報 創造工舎 Staff Blog
リフォーム事例
新しい伝統のはじまり
宇陀市 N様邸 / 戸建て 35年 / 工期:約3ヶ月
新しい伝統のはじまり
祖父が植えた木を使い、
父が建てた築35年の家。

田畑に囲まれたのどかな環境の中に建つN様邸は、現在、N様ご本人とお母様の二人暮らし。
今回のリフォームは、「高齢になったお母様の生活を便利にする」ためであり、また「遊びにくる娘夫婦や、いずれは孫を、快適になった家で迎えるため」に行ったものだという。

住まいが持つ空気感を壊さずに、現代的な暮らしの要素を追加して、心地よく快適な時間を過ごせる空間に。

ダイニングキッチン

キッチンの配置は、あえて以前と同じ壁付きに。
これは、お母様が使い慣れていることと、手元に届く窓からの光を意識してのこと。

ダイニングの一角には、PCデスクを造作。
新聞置き場や携帯の充電場としても使え、ダイニングテーブルが散らからないメリットも。

リビング

和室を一室取り込み、開放感と明るさを創出。
床の素材にはやさしい色味のイタヤカエデを採用し、珪藻土の塗り壁は左官による仕上げ。
天井にもオリジナルの千鳥格子のデザインを用い、和モダンでナチュラルな装いにまとめた。
耐力壁も、ステンブレースを用いてデザインの一つとして取り込んだ。

仕事からの帰宅後や休日も、「開放感や居心地の良さに、とてもリラックスできるようになった」とご主人。

桧の床

玄関ホールや廊下に使われている桧の床は、お施主様のお祖父さまが植えた桧をつかっている。
思い入れのあるその床材を、キズや汚れがあった表面を薄く研磨し、まるで新築時のように美しく蘇らせた。

アイアン手すり

お母様のため通用口には、廊下への上り口に安全性とデザイン性を兼ねる、カーブしたアイアンの手すりを設置。
天井まで曲線を描いて繋がる、アイアンの特注品は握りやすい。

トイレへと続く通路は、新たにデザイン。広くなり、手すりも付いたので夜中でも安心。

下部には、10足分の靴が収納できるスペースも用意されている。

水廻り

住宅設備は、高品位ホーローで定評のある【タカラスタンダード】の商品で統一。
洗面・浴室、トイレとも、広々とした空間に変身した。
「収納にすべてが片付けられるので、スッキリ使えて気に入っています」とご主人。

施工前

[DATA] 施工場所:宇陀市 / 築年数:35年 / 施工日数:約3ヶ月 / 施工部位:全面リフォーム


その他の最新事例

世代をつなぐ家
世代をつなぐ家(M様邸 )
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有