とても怖い体験でした。

このたびの東日本大震災、その他相次ぐ地震で被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
被災された皆様の一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
私は、3月11日の震災時には、梅田へ研修に行っていました。
誰しもがそうなのですが、
このような震災が来ることなんかまったく予想しておらず、
奇しくも「耐震に関する、木耐協の勉強会」に参加していました。
         (木耐協 : 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)
会場は最上階の9階です。新梅田研修センターの建物の形に耐震構造的な不安を感じながら、
受講しているところに、
地震が直撃しました。
耐震の勉強に来ている約50人の参加者は、
地震の揺れと、長さに肝をつぶしたと思います。
オーストラリアで発生した、CVTビルの倒壊を想像し、
「もしかしたらこのビルも倒壊するのでは?」と、
とても怖かったです。
窓の外を見ると、リッツカールトンホテルの前のダイビルが
平行四辺形になって変形し、揺れていました。
他のビルとは違い、肉眼ではっきりとらえられるほどでした。

どういう構造になっているのかわからないのですが、
おそらくなかにいる人は、1mくらい揺れていたのではないでしょうか。
大丈夫だったのでしょうか?
ビルで仕事をするのには、ビジネスマンという感じであこがれるときもありますが、
今回は、奈良盆地に感謝いたしました。(帰社してから、TV放送を見たとき)
そして、命の尊さを 
とてもありがたく、大切に感じる事ができました。
最後に
被災された方は、これからも復興にとてつもない時間がかかると思われます。
あまりにも辛い思いでしょう。私はその気持ちを軽々しく慮ることはできませんが、
ただただ、頑張って欲しいと祈るばかりです。
私は会社・個人から義援金という形でしか応援はできていません。
現在は、関西の経済復興に貢献できるように頑張っています。
ガンバロウ、日本
みなさんに1日でも早く、心の安らぎが訪れる日をお祈りしています。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !