やっていこうとする姿勢が大事

我社には、74歳にもなる社員さんがいます。
嘱託社員として、65歳から当社にきて、頑張っていただいているのですが、
先日、話をしている中で感銘を受けたことをお話します。
「私はこうやって働かせてもらっているだけでありがたいです。
定年退職した時に上司から言われたことを心がけて、実践しています。」
「それは、
今までの経験だけでものを言わないようにしている。
新しく出てきた仕事は、取り組む。
はじめはできないけど、メモでも何でもとってできるようにする。
そして、できるまでやる。」
「とにかく、頼まれたことと、言われたことを一生懸命する。
そして、やったことないとか、逃げないことですね。
頼まれた仕事は、だれにも、やったことがないことばっかりですわ。
たとえできなかったとしても、それをやっていこうとする姿勢が大事ですわ。
往々にしてあるのは、やったことないとか言って、往々にして自分の経験を押しよる。
そんなもん過去20年も前の経験であって、今の人に言ったってそんなもん何の役にもたたへんからね。それは言わん方がいい。
たとえできなくても、
自分の経験をガーガー押し付けない。
昔はこうやったのにとは言わない。
昔のことを言っても時代は違うので、今は今の時代にあったやり方でいかないとあかんと思うんですわ。」
と。
人生の大先輩の方に仕事をお願いするのは、気をつかい、難しい部分もありますが、
それを感じさせません。
実際、勝本さんは、
コンピュータも使いますし、
耐震、リフォームの施工書、雨漏り調査隊、検査体制、協力業者指導、など、いろんなことに取り組んで、創造工舎の体制を確固たるものするために力を注いで、形にしてくれています。
本当に頼もしい限りです。
「それも、今の人(社員)が、便利になった、助かっていると喜んでくれるような仕事をしたいんです。」
と、取り組む姿勢が素晴らしいです。
何歳になっても取り組もうという気持ちは大切ですね。
それを実践している勝本さん、ありがとうございます。
「一生懸命やること。」
助かっています。
そして、
「やったことないと、逃げないこと。」
学ばせていただきました。
私も、頑張っていかなければいけませんね。