やっていこうとする姿勢が大事

我社には、74歳にもなる社員さんがいます。
嘱託社員として、65歳から当社にきて、頑張っていただいているのですが、
先日、話をしている中で感銘を受けたことをお話します。
「私はこうやって働かせてもらっているだけでありがたいです。
定年退職した時に上司から言われたことを心がけて、実践しています。」
「それは、
今までの経験だけでものを言わないようにしている。
新しく出てきた仕事は、取り組む。
はじめはできないけど、メモでも何でもとってできるようにする。
そして、できるまでやる。」
「とにかく、頼まれたことと、言われたことを一生懸命する。
そして、やったことないとか、逃げないことですね。
頼まれた仕事は、だれにも、やったことがないことばっかりですわ。
たとえできなかったとしても、それをやっていこうとする姿勢が大事ですわ。
往々にしてあるのは、やったことないとか言って、往々にして自分の経験を押しよる。
そんなもん過去20年も前の経験であって、今の人に言ったってそんなもん何の役にもたたへんからね。それは言わん方がいい。
たとえできなくても、
自分の経験をガーガー押し付けない。
昔はこうやったのにとは言わない。
昔のことを言っても時代は違うので、今は今の時代にあったやり方でいかないとあかんと思うんですわ。」
と。
人生の大先輩の方に仕事をお願いするのは、気をつかい、難しい部分もありますが、
それを感じさせません。
実際、勝本さんは、
コンピュータも使いますし、
耐震、リフォームの施工書、雨漏り調査隊、検査体制、協力業者指導、など、いろんなことに取り組んで、創造工舎の体制を確固たるものするために力を注いで、形にしてくれています。
本当に頼もしい限りです。
「それも、今の人(社員)が、便利になった、助かっていると喜んでくれるような仕事をしたいんです。」
と、取り組む姿勢が素晴らしいです。
何歳になっても取り組もうという気持ちは大切ですね。
それを実践している勝本さん、ありがとうございます。
「一生懸命やること。」
助かっています。
そして、
「やったことないと、逃げないこと。」
学ばせていただきました。
私も、頑張っていかなければいけませんね。

耐震診断講習 ~ 耐震リフォーム

今日は耐震診断の講習を大阪国際交流センター受けてきました。
朝9:50~16:30までと、長丁場でした。
計算や表などがたくさんでてきますので、しんどくなってきますが、
我社にとって大切なことなので、必死に踏ん張って、聞いてきました。
昼食後はさすがに眠たかったですが・・・。
内容はといいますと、
一般木造住宅において、現在、日本では。2004年日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」いわゆる青本と呼ばれる本に基づいて、耐震診断・改修・補強が行われているのが大半です。我社においても同じやり方でやっています。
ところが、2012年の現在までにおいて、当時では想定していなかったことが色々でてきまして、今回の「2012年度改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法講習会」が開かれたということです。
結果的に、耐震診断の方法が変わるかと言うと、
基本的な方法は変わりません。
「従来の基準の考え方を尊重し継続性を保持しつつ、新しい知見を取り込み、かつ、技術者がより利用しやすいように充実をはかった改訂」をなっています。
そして、当分の間は、今回の改訂版と2004年度版を併置しどちらを用いて耐震診断・耐震改修を行ってもよいこととしたいと書いています。
おそらく、2013年度に向けて、技術者講習を順次行い、受け皿を作ってから、変えて行くのでしょう。私たちは、できるだけ早くその知識と方法を身に着け、変更時期に体操できるように準備しなければなりません。そのために、社内でも講習を開くなどして周知していく予定です。

変更点は、
診断の際に今まであいまいだった判断基準を明確にしたこと。
耐力要素のデータの充実と見直しが行われた。
など・・・本には詳しく書いてありますが、
私が印象に残ったのは、
・耐力壁の種類が増えた。
・計算が今までよりややこしくなった。係数が増えた。
・よく使用する一般診断法の方法1のやり方が、少し変わった、
・精密耐震診断をできる限り遣うように言っていた。
まだ、今日聞いたばかりのことで、これから復習をして、
確実なものにしていかなくてはなりません。
年々、難しくなっていくような気がします。
少し気合を入れて勉強しないと、ダメですね。
頑張って、力をつけていきますので、
皆さんよろしくお願います。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

床を綺麗に掃除するのは

今日は、朝から会社の掃除です。
私は、モップで床を拭いていたのですが、
「よく考えたら、この床も古いよな」
(本店の事務所は古く、床のPタイルは、現在30年以上も頑張って使っています。
改装するにも費用が要りますし...)

「俺は一生懸命拭いているけど、
いくら拭いても、最近のオフィスのようにスカッと綺麗になるわけではないよな。」
なんて、ふと疑問に思いながら考えていました。
若い時なんか、掃除するのも面倒臭かったのものですが、今は、そんな気持ちはありません。
結局、行為としては、床を拭いていますが、
「床を綺麗にするのではなくて、床を綺麗にしようと思う自分の心を綺麗にしているんだ」
ということに気づきました。
そう思うと、普段している様々な行為も同じことです。
ものの見方が変えれば、学ぶことはたくさんあります。
よって、
「その行為ではなく、その心や本質を見られるように成長したい」と思います。
もう十分使っている床。しっかりと仕事も頑張って、リフォームしなければなりません。
どこに頼もかな〜...なんて。
あと、皆様、お仕事の依頼よろしくお願いします。

A様より、仕事の依頼。

今日、朝からA様より仕事の依頼がありました。
A様は、2001年に水栓金具の交換があったお客様です。
当時の担当は、フラン真美ヶ丘の店長、藤村でした。
2001年からは仕事の依頼がなく、もう11年もたちます。
11年間の期間となると、普通は何か家の不具合が発生します。
その間依頼がなかったということは、想像ですが、
当社ではなく、どこか他社に依頼されていたと思われます。
その時のA様の期待に応えられなかったのでしょう。
実際、10年以上も空いたお客様からの仕事の依頼は、ほとんどありません。
なぜ、11年ぶりに仕事の依頼を下さったのかなと思うのですが、
しばらくは離れてしまったA様が、
知り合いか、誰かに最近、弊社の評判を聞いて頂いたのに違いない。
「やっぱり、創造工舎はええねんな」
と、いう形で戻ってきていただいた。
と思ってしまいます。
浮気をされても、また戻ってきていただいた。
そんな気持ちで、とても嬉しく思ったのです。
また、戻ってきてもらえるのは
日頃のスタッフのコツコツとした地道な活動と信用の積み重ねの賜物です。
お客様から依頼があったのも嬉しかったですが、
コツコツと努力しているスタッフの姿が頭の中をよぎり、
そのことが何より嬉しく思ったのでした。
これからも、皆様に安心を届けられる、
「リフォームやったら、創造工舎やね」
と言ってもらえるよう
地域の中で、コツコツと
長く続けられる会社として、頑張っていきます。
皆さま、応援よろしくお願いします。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !

31年ぶり 畝傍高校決勝進出

いよいよ、夏の甲子園が始まりますね。
今年の奈良県の県予選の決勝戦は、天理VS畝傍でした。
畝傍高校は私の母校でして、応援に行って来ました。
前日の試合では、智弁学園にまさかの勝利でしたので、
佐藤薬品スタジアム(橿原球場)には
優勝の期待でたくさんの人が応援に。
球場では、何人もの同級生に会うなど、盛り上がりムード満点でした。
試合は、初回に8点も取られてしまって、負けてしまいましたが、最後まで、あきらめずに頑張ってくれた姿に感動しました。
夢と希望を与えてくれた、選手、監督に感謝したいです。
私が高校2年生の時に決勝に行って以来、31年ぶりの決勝戦でした。あれから、31年もたつのかと思うと、ふと、年とったんだなぁと思い、いつまでも若いと思っていた自分が少し恥ずかしくなりました。
ただ、青春の頃が少しプレイバックしましたので、素敵な時間も与えてもらったように思います。
みなさまに、幸せが訪れますように ☆ !
みなさまの”最良の一日”を
お祈りしています。 !

Have a Good Time !