暮らしリフォームUP術 7 機能とデザイン

わが家の住まい 暮らし 木の特質「反る」

わが家には無垢の木を使った家具がいくつかあります。無垢の木はやさしくてぬくもりを感じます。おしゃれでかっこよく、最近のトレンドには欠かせない存在です。

キッチンにある無垢のキッチンボード

無垢材とは・・・

簡単に説明すると、接着剤を使わずに製材品としてそのまま利用する木材のことです。一本の木から使用する形状で丸太から切り出した木材のことです。逆に無垢材を接着剤でつなぎ合わせた木材の事を集成材と呼ばれています。

無垢材は一本の原木から切り出されたものなので、化学物質を含んでいません。木本来の質感や風合いがその大きな魅力であり、調湿作用があります。

無垢材はなんといっても、素材ひとつひとつが違った表情をみせる木目が特徴です。天然の木から作られる無垢材の家具は、その木目や色合いは個々に異なり、二つと同じものがありません。

また、調湿作用によって、水分を吸収・放出することにより、縮んだり膨らんだりする性質があります。

無垢材のメリット

無垢材家具のメリットは、その風合いの美しさや肌触りはもちろん、経年変化を楽しめる点も大きなメリットでしょう。

家具は数年から数十年使うのが一般的です。

年月が経つほどにその風合いの違いが楽しめるのも、無垢材ならではではないでしょうか。

傷や汚れまでも、長年の思い出と一緒に個性として楽しめます。

また、接着剤を使用していないため、安全性が高い点もメリットと言えます。

無垢材のデメリット

無垢材は、木質材料に比べると価格が高くなる傾向にあります。

一本の木から材木として利用できる部分が限られてしまうためです。

また、無垢材はその特徴として木が伸縮するため、場合によっては反りかえりや、ひび割れを起こすことがあります。

無垢財の反り方

無垢材の特質を知らない方がこの写真を見ると、不良品かと思われるかもしれません。無垢の木はこのように湿度によって変形するため多少の隙間ができてしまったり、扉が閉まりにくくなる事もあるかもしれません。ある程度は寛容にお付き合いください。

このような木の自然な特質を理解したうえで無垢の家具と楽しく暮らしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です