Google Home mini

年末にGoogle Home miniを購入しました。
これからのIT社会に向けて、また仕事柄、IoTに触れておかないといけないというところです。リフォームでも「使えるように」と依頼されるお客様が出てくると考えられます。

初期設定、接続は問題なくできました。

「OK、Google」「今、何時」の掛け声で、
「時刻は、7時30分です」」など、すぐに答えてくれます。
「すごーい」と感動です。

ところが、その他の機能の設定ができませんでした。

年末は忙しくできないまま、
新年(2019年)を迎えてから設定に挑戦しましたが、
思ったように動いてくれません。
手ごわいです。
説明書とにらめっこしながら、また、メーカーさんの協力をもらいながら、1月末にやっとできるようになりました。

できるようになったことは、
「OK、Google」
「リビングのエアコン、つけて」
「トイレの照明、消して」
「兄の照明、つけて」
「音楽、流して」

苦労の末、操作可能になりました。
これでお客様にも説明できそうです。
その中でも、
初めての使用に、最も感動したのは、

「3分測って」でした。

カップヌードルの時間を教えてくれるのです。
これは、便利!(^_^)これから色々使うのが楽しみです。

設定の際、うまくいかなかったことを挙げておきます。
1つ目は、~判断してくれない言葉があるということ。~ 
 「2階子供室、照明つけて」 
 「3階子供室、エアコンつけて」 
 です。〇階には反応してくれません。
 2階、3階などの数字に弱い。
 そこで、子供の名前で、
 「りゅう**のエアコンつけて」
 としましたが、それでも反応しない。
 無声音がダメ?固有名詞はダメなのかと思いました。
 結局、「弟の照明、つけて」と言うと反応してくれました。
 だから、「兄の・・・」「弟の・・・」と、
 一般の単語でないと、グーグルは判断できなのだな。
 バカヤローと思いました。

2つ目は、~部屋のグルーピングをすると、照明器具が言うことを聞いてくれないということ。~
 あまりうまく説明できないので、もし困っている人があれば、
 グーグルホームアプリのサポートサイトを見てください。
 簡単に言うと、
 照明器具は、部屋のグルーピングからはずしてください。
 そうすればうまく操作できるようになります。

 (参考) スマホのグーグルホームアプリをインストールする際、
 部屋を設定して、その中に電気機器(エアコンや照明)をセットしていきます。
 たとえば、
 「寝室」に、1.寝室エアコン、2.天井照明、3、ブラケット照明
 「リビング」に、1.照明、2、リビングエアコン などです。
 この「寝室」「リビング」をつくり、その中にそれぞれの機器をインプットすることをグルーピング(グループの作成)といいます。
 我家の場合、グルーピングされた部屋に入っている照明器具は、言うことを聞いてくれませんでした 照明器具は、グルーピングをはずしてあげると、操作が可能になりました。

 参考まで。


  ワイワイ人気の ♪ 「イベント」は、コチラ ♪♪「お店」の紹介です☆ 〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 創造工舎のFacebook はコチラ ↓ ↓ ↓「いいね!」を押してね(^o^)
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜 創造工舎には、 デザインリフォームの " Franc " と、 ファストリフォームの " Repla " が、あります。
創造工舎のリフォームの進め方 - - - - - - - - - - - - - - - - -     ” Franc ” のホームページは コ・チ・ラを ↓ ↓ ↓ ✩             『 新しい暮らしのものがたり』フラン     ” Repla ” のホームページは コ・チ・ラを ↓ ↓ ↓ ✩           『ちいさなことから生活サポート』リプラ 〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です